知っておきたい葬儀のマナー

葬儀に関するマナーとは?

葬儀に関するマナーとは? 今まではたくさんの人を呼んで葬儀を執り行う一般葬がほとんどでしたが、今では親しい人だけで小規模に行う家族葬や火葬することを主な目的とする火葬儀など、さまざまなスタイルの葬儀が行われるようになりました。そのため、マナーも昔ほどは厳しくはなくなったものの、宗教や宗派に従ったマナーはきちんと守らなくてはなりません。故人が特定の宗教を信仰していなくても、生家や婚家の宗教における葬儀の作法に従うのが一般的です。そうしたことを無視して葬儀を行ってしまうと、その時は良くても後でご先祖のお墓のある寺院や親戚などからクレームが来る可能性もあります。さまざまな葬儀が行えるようになったとはいえ、ご先祖や親戚との関係も考えておかないといけません。

葬儀では執り行う儀式の内容や進行、服装や持ち物などにマナーが定められています。通常のマナーに従っていても、葬儀ではマナー違反となることもあります。故人の冥福を祈る場で、マナーに違反をすると常識のない人間だと思われてしまうので注意しなくてはなりません。一般常識として冠婚葬祭のマナーに詳しい人でも、遺族として葬儀を執り行う側になることは少ないので、身近な人が亡くなった時は十分にマナーについて確認しておかなくてはなりません。

信仰する宗教や宗派を確認して、故人や家族の希望に合わせた方針を決めれば、具体的な葬儀の内容や流れなどは式場のスタッフと相談して決めます。どのような儀式を行ってスケジュールはどうするかといったことも、まとまったプランとして提案されているので、細かい内容まで理解しなくて済むようになっています。葬儀についての詳しい知識がない場合は、儀式に使用する設備や備品を一つ一つ用意するのは大変なので、こうしたプランを利用するのが一番です。標準的なプランにオプションとして特別な注文を加えれば、故人の要望に応じた特別な葬儀が執り行えます。

基本的な準備が整えば、着て行く服、持ち物、焼香の作法などのマナーを確認しておくことが大切です。準備ができたからと安心していると、すぐに参列者が式場に来て慌てることになるので、マナーに詳しい人などに教えてもらって間違ったことをしないように気を付けなくてはなりません。遺族は多くの参列者の注目を集めるので、僅かなマナー違反でも目立ってしまいます。そのため、葬儀が始まる前にお互いで身なりや持ち物などをチェックして問題ないことを確認しておく必要があります。

〔トピックス〕